結婚しても寿退社はしない

理想の寿退社の進め方

女性のための寿退社計画サイト

意外と多い?結婚後も働きたいという人の割合

結婚したら働きたくない?それとも働きたい?働く女性のホンネはどこにあるのでしょうか?「結婚後の理想」について聞いてみたある調査の結果をご紹介します。

働く女性が考える「結婚後の理想」とは?

・正社員で働く(49.1%)
・契約または派遣で働く(4.3%)
・パートまたはアルバイトで働く(35.1%)
・専業主婦になる(10.2%)
・その他(1.2%)
専業主婦になるのが結婚後の理想と答えたのは、たったの10.2%!!女性は結婚してからも、何らかのカタチで働きたいと考えているようです。理由としては、「金銭面で余裕を持ちたい」「社会とかかわりを持っていたい」「仕事にやりがいを感じているから」など、ライフスタイルや考え方の多様化が窺えます。

子供がいない既婚者の就業スタイルとは?

・正社員で働いている(61.9%)
・契約または派遣で働いている(5.5%)
・パートまたはアルバイトで働いている(15.6%)
・専業主婦をしている(15.8%)
・その他(1.2%)
理想と現実…その実態とは、意外にも正社員で働き続けている人が多いことが分かります。結婚すれば働き方を変えようと考えていた人も、正社員で働くことのメリットを優先し、そのまま働き続けている人が少なくないようです。また、夫と対等でいたい、将来の為にお金を貯めたいから、収入があることによって人生の選択肢を広げたいからなど、自らの生活スタイルを考えて働き続ける女性も多いようです。

子供がいる既婚者の就業スタイルとは?

・正社員で働いている(42.4%)
・契約または派遣で働いている(4.5%)
・パートまたはアルバイトで働いている(23.6%)
・専業主婦をしている(26.9%)
・その他(2.7%)
子供ができたことによって、働き方を変える女性が少なくないようです。正社員で働いていた女性は、子供ができたことによって、パートやアルバイトへ、または専業主婦へと、ライフスタイルを変化させるようです。夫が家事や育児に参加するようになった現代ですが、まだまだ女性に対する負担は多いよう。ただ、子育てが一段落すれば、再び働きはじめる女性も多く、社会とのつながりを大切にしている様子が窺えます。このように、女性は、結婚や出産、子育てなど、人生における区切りごとに、多くの選択肢の中から、より自分に合ったライフスタイルを選ぶことになるようです。

寿退社したい女性に読んでもらいたい記事一覧

男女で違う寿退社への考え方
男女で違う寿退社への考え方

寿退社についての考え方は男女で大きく異なるようです。キャリア志向の女性がいる一方で、女性の働くことに対する理解を示す男性と寿退社は迷惑と考える男性がいるようです。国の施策としては女性が結婚・出産後も働くことを奨励する方向に動いていますが、実態はまだ追いついていないようにも見えます。

円満に寿退社するための報告時期
円満に寿退社するための報告時期

寿退社をするためには、上司への報告時期もよく考える必要があります。1年も前だと、退職の日まで時間があるため、同僚の態度が”辞める人だから”という感じになり、仕事がやりにくくなることがあります。かといって、1カ月前の報告だと、引き継ぎなどで周りに迷惑をかけることになります。そういった意味では3カ月前に上司に報告というのがベストと言えます。

結婚後も働きたい看護師へ
結婚後も働きたい看護師へ

結婚後も働きたい看護師は多いのですが、結婚を理由に退職して、働き方を変える看護師も多いようです。仕事と家庭の両立を図るために、フルタイム勤務からパートやアルバイトに転職したり、夜勤のない小規模なクリニックに転職したりというのが、働き方を変える一例です。