報告時期が重要な寿退社

理想の寿退社の進め方

女性のための寿退社計画サイト

円満に寿退社するための報告時期

円満に寿退社し、安心して結婚準備をすすめられるよう、その報告と時期を慎重に考えましょう。

寿退社の報告時期、いつがベスト?

寿退社を決めた場合、それを会社に報告する時期として、人によってさまざまな考え方があります。「寿退社を決意したのなら、できるだけ早い時期に報告すべき!」「寿退社の場合、あまり早く報告するのはやめておいた方がいい、一ヶ月前で充分だ!」このように、まったく違うのです。
しかし、「できるだけ早い時期に」と言われても、寿退職を決意する時期は人によってさまざまです。たとえば半年前や一年前に決めたからと言って報告してしまうと、実際に退職するまでかなりの時間があります。
同じ職場のメンバーたちは、「この人はもう辞める人」といった目で見ますので、職場にいずらい状況になることがあります。かと言って、「退職の一ヶ月前」の報告では、会社に迷惑がかかることになります。1人が辞めると、その仕事を誰がするのか、会社は考えなくてはいけません。人事異動で人員補充するのか、新規に募集をかけるのか、また、仕事の引き継ぎ時間も必要です。これらを考えると、「退職の三か月前」がベストな時期と言えます。

寿退社を報告する際の注意点は?

寿退社の報告は、直属の上司にするのが基本となります。このとき注意しなければいけないのが「他の人から上司の耳に入らないようにする」ことです。寿退社はおめでたいことで、嬉しさのあまり、うっかり職場の親しい同僚などに話してしまうと、自分が上司に報告する前に、その人から伝わってしまうかもしれません。大切な報告が他人から伝わるのは良くありません。できれば会社の同僚などには、こういった話をしない方がいいでしょう。あくまでも、最初に報告する相手は上司なのです。

書類の提出

上司に寿退社の報告をすると、書類を提出しなければいけません。まず「退職願」を受理してもらい、その後、「退職届」を提出します。ポイントとしては、「退職願」は取り下げることができますが、「退職届」は取り下げることができません。このため、あまり早すぎる時期に上司に報告するのは、オススメしません。

挨拶と仕事の引き継ぎを

上司に報告し、退職願を提出したら、次は部署内の同僚に報告しましょう。この場合も、上司の口から伝わるよりも、自分で報告する方が印象はいいでしょう。自分が辞めることで仕事にも影響がありますので、「私事で申し訳ありません」と気持ちを伝えましょう。後任が決まったら、スムーズに引き継ぎができるよう「マニュアル」などを用意しておくと便利です。

寿退社したい女性に読んでもらいたい記事一覧

男女で違う寿退社への考え方
男女で違う寿退社への考え方

寿退社についての考え方は男女で大きく異なるようです。キャリア志向の女性がいる一方で、女性の働くことに対する理解を示す男性と寿退社は迷惑と考える男性がいるようです。国の施策としては女性が結婚・出産後も働くことを奨励する方向に動いていますが、実態はまだ追いついていないようにも見えます。

円満に寿退社するための報告時期
円満に寿退社するための報告時期

寿退社をするためには、上司への報告時期もよく考える必要があります。1年も前だと、退職の日まで時間があるため、同僚の態度が”辞める人だから”という感じになり、仕事がやりにくくなることがあります。かといって、1カ月前の報告だと、引き継ぎなどで周りに迷惑をかけることになります。そういった意味では3カ月前に上司に報告というのがベストと言えます。

結婚後も働きたい看護師へ
結婚後も働きたい看護師へ

結婚後も働きたい看護師は多いのですが、結婚を理由に退職して、働き方を変える看護師も多いようです。仕事と家庭の両立を図るために、フルタイム勤務からパートやアルバイトに転職したり、夜勤のない小規模なクリニックに転職したりというのが、働き方を変える一例です。